1. 匠本舗のおせち料理

  1. Oisixのおせち料理

  1. おまかせ健康三彩のおせち料理

2021年おせち料理選びは2018年のおせち料理も参考にしましょう

健全な企業精神がおせち通販の信用を築く

食材の偽装問題が発覚するたびに「またか」と思わざるを得ません。実に残念でたまりません。大手デパートがおせち料理に使用する車エビを味も形もよく似ているブラックタイガーに代えていたのです。にも拘わらず、

 

車エビと表示していたというのは一般大衆を欺く許されざる行為です。


その時の担当者はおかしいと思っていても前任者からのことであるし、担当替えもあるから今言わなくてもこのままでという事なかれの考え方が蔓延しているとしか思えません。

この様な問題は個人もさることながら企業の経営効率追求のデメリットが表面化したものであると言えます。出来るだけ原価は低く、販売価格も高くは設定できない中で少しでも利益を厚くしようとすれば無理がかかります。

 

人件費は長いデフレの影響で削る余地はありません。


世間のマインドは賃上げに向いています。その様な状況であれば仕入れ価格を削って利益を確保するしかありません。現場の責任者は禁じ手を使ったのです。してはいけないことに手を染めたのです。

他の人がそのことに気付かない筈がありません。そのことを言い出せない、隠ぺいしようとする企業体質が問われなければいけないのです。企業が一旦無くした信用は簡単には回復しません。よくよく心得て企業経営を改善すべきですね。

おせち料理のお届け状態は賛否両論

 

冷蔵のおせち料理は冷凍に比べて美味しさが違う!?


皆さんは、おせち料理はどのように準備されていますか。私の家では以前は年末に数日かけて手作りしていましたが、手数がかかることから今年から通販で取り寄せることにしました。今回取り寄せたおせちはおいしい和食でした。

そしてこだわったのは冷蔵品ということでした。冷凍品ですと賞味期限は長くなりますが味が美味しくありません。冷蔵品のメリットは冷凍品に比べて格段に味が違います。冷凍してしまいますと食材の新鮮さが失われてしまいます。

ここで冷蔵のおせち料理を取り寄せる場合に気をつけるべきことは賞味期限が短いということです。今回注文したおせちは12月31日の限定配達で賞味期限は1月2日でした。ですから、この期間で食べきってしまう量のものを選ぶことに留意すべきです。

 

冷凍おせちの良し悪しは品目によるのかも・・・


おせちは実家ではお惣菜屋さんやお弁当屋さんで購入していたらしいが、私が一人暮らし、結婚してからは全く縁のないものになってしまった。結婚後は、お雑煮ぐらいだったが2年前ぐらいから、おせちの由来が気になり最初は真空パックのものをネットで注文した。

賞味期限も持つしいいなと思ったからだ。でも、おせちの品はどちらかというと苦手なものが多い。それを思い去年はハムがメインのおせちをネットで購入。初めて購入した冷凍おせちだ。

12月30日ごろに来て冷蔵庫にて保管。1月1日に食べるのにはちょうどよかった。冷凍なのにカチカチとか新鮮味がないとかレヴューを見て冷凍おせちに対して不安を持っていたのだが物によるのかなと思った。

ハム類は子供達に人気だし早期特典で少しお得に買えた。来年のおせちは生協で真空パックのおせちだ。早く食べるなら冷凍もので良いと思うがその自信がないのならば真空パックのほうが良いのかなと私は思います。それに対してお歳暮のカニなどは冷凍に限ります。

何故なら12月の繁忙期だと配送により延着するといったケースもよく耳にするだけに市販の常温の蟹や活け蟹の購入はリスクが大きい。

おせち料理2021年はこちらも参考に:消費者庁

2018年おせち料理通販購入者の体験談

 

今年のお正月は珍しく海外で過ごしました。というのも、何年かぶりにクリスマスに休暇を取ることができそうだったのでそのまま年末年始にかけて休暇を取得して海外で過ごすことにしたのです。学生以来の長期休暇だったこともあり、とてもリフレッシュできました。が、やっぱりお正月は日本で過ごす方が自分には合っていると思ったのも事実です。

当然のことながら、海外のホテルではおせちは食べることができないので何だか物足りなさを感じてしまったのです。とあるレストランでは日本人向けにおせちを提供していたようですが、そこまでしておせちを食べる気にはなれませんでした。きっと日本の本格的なおせちとは異なるだろうし、味付けも口に合わないだろうと思ったからです。なので来年のお正月のおせちは、かなり気合を入れて選ぼうと思っています。

例年、秋になるとおせち通販の広告を多くみかけるようになりますので予約スタートの時期から検討し始めようと思っています。年末ギリギリになると、いいなと思ったおせちは売り切れてしまうことが多いからです。


 

今年のお正月は生まれたばかりの赤ちゃんがいたので、帰省せずに自宅で年越ししました。よってお正月準備もできるだけ手をかけずに簡略化しました。年末の大掃除は思い切って、お掃除業者さんを頼んでしまいました。やはり産後間もない体には、大掃除は結構負担になるだろうと思ったので。ついでに、洋風おせちを初めて購入してみました。それまでは全てのものを手作りできないまでも、黒豆や田作りなど簡単に出来るものは頑張って作っていました。

産後間もないこともあって、こんな機会でもないと通販でおせちは購入することはないだろうと思って購入してみたのです。結果、来年のお正月もリピート予定です。楽なだけで味も見た目もイマイチだったらリピートするつもりはないのですが、味も見た目も申し分ないほど満足のおせちだったのです。

冷凍おせちがここまで美味しいなんて!と夫婦で2日目には食べきってしまったほどです。今年は子どもを連れて帰省予定なので、帰省先におせちを送付しておこうと思っています。


 

今日は、おせち料理を通販で見ていたのですが、人気があるのもはすでに完売をしていました。なので、早く購入をしていかなくてはいけないのかなと考えています。購入と言っても、まだ予約なのですがやっておかなくてはいけないなと思っています。やはり、>ランキングで人気のものはすごく早くなくなってしまうんだなと思いました。

でも、おせち料理は用意をしていかなくてはいけないので、これから予約をしていきます。見ていると、やはり予約が終わっている分はすごくおいしそうです。でも、残っているものでもおいしそうなおせちはたくさんあるので、これから見ていこうと思います。家族が好きそうなものがたくさん入っていればいいです。おせち通販のランキングを見たら、おせちも内容によって値段もバラバラです。

でも、せっかくのお正月なのでケチらないようしていければいいのかなと思っています。やはり、きちんとおせち料理を用意をしていきたいので、これから頑張って見ていければいいなと思っています。